独自ドメインで園芸・農業の差別化をはかる|農業・園芸サイトランキング

農業・園芸サイトの構築方法や独自ドメイン取得

ウェブサイトの構築の方法やドメイン取得について説明します。

新規就農者やすでに就農している農業従事者は、ウェブサイトを持つことが必要です。今後ますますその重要性は高まるからです。

ウェブサイトを持たない場合、小さなコミュニティ内だけでの交流になったり、取引先が地元に限定されてしまいます。しかし、ウェブサイトを持つことで、販売先は日本全国に広がります。極端な例でいえば、世界全体が顧客ともなる可能性があります。

ウェブサイトを持つことは、パソコンなどのIT関連に興味がない人にとってはハードルが高いでしょう。でも、売り上げをアップさせること、収益を改善すること、そして、農業を続けるために、絶対に挑戦すべきだと考えます。

では、具体的にどう行動するか、説明してみます。

全体の構想を練る

自分の農業を振り返りつつ、ウェブサイトの構想を練ります。たとえば、次のようにします。

メインサイト:自分の農業の紹介ページ(就農地域、主要作目、ウリ、スタッフ紹介など)

農家ブログ:日々の農業に関する日記などを書きます。

農業写真ブログ:余裕があれば、農業や周辺の景観に関する写真をメインコンテンツとしたブログを作成します。

販売サイト:メインサイトに組み込んでもOKですし、独立させた通販サイトでも良いでしょう。

独自ドメインが重要な理由

他の農家と差別化をはかるために、独自ドメインは絶対に取っておきたいことの1つです。独自ドメインは、自分だけの住所のようなものです。

たとえば、yahoo.co.jpも独自ドメインです。世界に1つだけの住所みたいなものです。誰でも知りやすい、覚えやすいような名前を取ることが大事でしょう。

ドメインを取るにはいろいろなドメイン業者があります。個人的には、Value Domainが分かりやすいです。しかも、割引サービスをときどき行っていて、1年間に180円や380円などで取ることもできます。